英語力もあることは欠かせない

基本的に英語で会話する

日常的な会話や仕事に関する込み入った話など、ほとんど英語で会話することになります。相手が長く日本に住んでいる場合は多少日本語で会話ができるかもしれませんが、ほとんどの外国人は日本語が分かりません。当たり前のように日常的な英会話ができるのは良いことですが、それだけでは不十分です。交渉では、言葉を巧みに使って自分のペースに引き込まないといけません。交渉は日本語でも決して容易ではありませんが、それが英語となると更に難しくなります。また、仕事の話なので日常会話では絶対に使わないような単語も把握しなければいけません。単語を知らなければ、交渉どころかスムーズな会話もできないです。ユーモアのある表現や嫌味のないジョークなども大切です。

外国人の考えを理解している

外資系で働く場合は英会話能力も大切ですが、外国人の考えを理解していることも大切です。外国と言っても各国で考え方は異なりますが、日本人と違うのは明白です。まずは、外国人が何を嫌うか把握しておく必要があります。例えば日本では曖昧な表現でその場をやり過ごしたり、空気を察することもありますが、外国人との会話では白黒はっきりする場合が多いです。また、自分の意見を言わなかったり積極的に会話に参加しない場合は社会人として未熟だと思われます。この辺りを理解していないと、知らない間に外国人からの評価が下がってしまうかもしれません。外国人の考えを理解するにはコミュニケーションの積み重ねが必要なので、一筋縄ではいきません。