成果主義の考え方があるのが大切

成果が必須なのが外資系の特徴

外資系企業で働くのに向いているのは成果を徹底的に追及する人です。外資系企業では年齢や過去の実績はあまり高く評価されることはありません。重要なのは直近に大きな成果を上げられたかどうかで、企業に対する大きな貢献ができれば若くてもキャリアが皆無な人でも高く評価してもらえます。そのため、成果を上げるためにはどうしたら良いかをよく考え、最短経路を通って大きな貢献をできるようにしようという考え方を持っている人ほど外資系企業で活躍できるのです。そして、その活躍ぶりに応じた報酬も手に入れられるため、高いモチベーションを持って働き続けられるでしょう。成果主義の考え方が板についていないと外資系企業で働くのは難しいのです。

人を使うという考え方も必要

成果主義は自分の実力を高めて成果を上げるのが基本だと考えてしまう人もいます。その考え方も大切なのは確かで、それだけで成功している人もいるのは事実です。しかし、より重要なのは現場にいる同僚を使って自分ではできないことも達成させるという考え方です。ある業務を成し遂げたいというときに自分では能力的に不足していることもあるでしょう。その能力を補うために勉強するよりも、現場にいる同僚からその能力を持っている人を探し出して業務を任せた方が効率的です。自分の推薦によって成果が生まれたとなれば高い評価を受けられます。人を使える人は管理職に向いているため、管理職になって成功したいという人は同僚を上手に使うことも大切です。