保守的な考え方も現場に合いにくい

保守的なのは日本人の特性

日本企業では過去の実績や事例に基づいて業務を行ったり、事業を展開したりすることがよくあります。過去にとらわれる保守的な考え方は日本に根差している考え方ですが、外資系企業で働く上では障害になるものです。保守的な考え方は日本人の特性で、日本企業の風土には合います。しかし、過去にとらわれずに新しいものを生み出していくというスタンスを持っているのが外資系企業の特徴なので、保守的な考え方は合わないのです。過去のことをよく考えて次にやるべきことを考える習慣がある人はあまり外資系企業に転職するのに向かないでしょう。革新的な考え方を持っている人ほど外資系企業に転職すると上手に現場に調和していくことができます。

革新的な考え方を持つには

基本的には保守的な考え方を持っているけれど、やはり外資系企業に興味があるという人もいるでしょう。その際には革新的な考え方を持てるようになることが大切です。古いものを良しとする視点を持つのが保守的な考え方の特徴ですが、その視点を持っていても革新を生み出せないわけではありません。新規性や独創性を重視するように心がけると革新的な考え方も持てるようになります。保守的な人は新規性や独創性をあまり良くないものと考えてしまいがちです。その思い込みを払拭することができれば外資系企業の現場にも調和できるようになります。保守的な考え方を捨てるというよりも、革新性を重視できるようになるというスタンスで自己開発を進めましょう。