コミュニケーション力の高さが重要

英語さえできれば外資系企業で通用するのか?

外資系企業に転職する場合、英語力がどのぐらいあればよいかは誰でも気になるところです。外資系企業といってもさまざまで、トップは外国人であっても社員が全員日本人の場合は、通常の会話は日本語で行われるため、英語力はほとんど必要とされません。一方、直属の上司が外国人である、海外との電話会議が多い、普段から英語でメールのやりとりをする、プレゼンテーションも英語で行うという場合は、相当の英語力が必要となります。その場合、TOEICでいうと最低でも750点以上、通常は850点から900点のビジネス英語クラスの英語力が必要と考えられます。しかし英語力さえあれば外国人との仕事がうまくいくかといえば、そうとはいいきれないのが現実です。特にTOEICは読み書きに関する点数であり、単なる目安にしかならず、コミュニケーション力を測ることはできません。

外資系企業においても重要なのはコミュニケーション能力

外資系企業に転職する際にTOEICで測った英語力が高いのに越したことはありませんが、肝心なのはコミュニケーション能力がどのぐらい高いかということです。これは厳密には英語力とは直接関係ありません。たとえば日本語で考えても、普段から日本語で話して仕事をする場面において、その人のコミュケーション能力の高低によって、周囲への説得力や仕事の成果はだいぶ変わってきます。日本語での仕事でコミュニケーション能力が低い場合、それが英語になったからコミュニケーション能力が高くなるということも考えにくい話です。つまり、言語が何であろうと、その人の持つ人柄や性格、やる気が重要であり、それがコミュニケーション能力の高低を決めることになります。相手の表情や仕草から相手の感情を読み取り、コミュニケーションに関する引き出しをたくさん持っていて、相手に合わせた適切なコミュニケーションがとれるようになることが大切です。