外資系に向いている人

外資系に転職して成功する人はどのような特徴を持っているのでしょうか。外資系企業と国内企業の一般的な違いに着目してみると向いている人がどんな人かがわかります。重要なポイントを押さえて自分が向いているかを判断できるようになりましょう。

コミュニケーション力の高さが重要

成果主義の考え方があるのが大切

英語力もあることは欠かせない

外資系に向いていない人

外資系に転職して失敗してしまう人も少なくはありません。失敗してしまう人はどのような特徴を持っているのでしょうか。失敗している事例を参考にして、本当に外資系企業に転職して満足できるのかどうかを見極めましょう。

安定志向の人はあまり合わない

外資系の会社は基本的に結果が全ての世界と言えます。そもそも会社をより大きくさせてグローバルに活躍することが目的なので、悠長に構えている暇はありません。少しの時間も無駄にすることなく成長したいので、…

Get Detail

保守的な考え方も現場に合いにくい

日本企業では過去の実績や事例に基づいて業務を行ったり、事業を展開したりすることがよくあります。過去にとらわれる保守的な考え方は日本に根差している考え方ですが、外資系企業で働く上では障害になるもので…

Get Detail

成長に貪欲でないと向かない

個人の実力を重視するのが外資系の特徴

外資系企業では自分から学ぶ姿勢を持って積極的に成長していこうという意志が強くないと居場所を失ってしまうリスクがあります。外資系企業では個人の実力を重視する傾向が強く、大きな成果を上げた人をそれに見合った形で評価する仕組みを整えているのが一般的です。裏を返せば実力を発揮して成果を上げられないと全く評価されないことになります。あまりにも成果がないという場合にはクビになってしまうことすらあるのが外資系企業の特徴です。確かな成長を遂げられないと大きな成果を上げることは困難でしょう。そのために意欲的に努力を続けられる人は外資系に向いていますが、漫然と今のままを維持して働くのが好きな人はやめておいた方が無難なのです。

成長に貪欲ならメリットも大きい

外資系企業は社員に対して一辺倒な教育を行うよりも、主体的に自らを成長させることを求める傾向があります。ただ、勝手に成長してくれという投げやりな姿勢の企業は少数派で、成長したという人を支援する体制を整えているのが一般的です。外部の教育研修を受けるために休みを取得できたり、参加費用や交通費の全額または一部を負担してもらえることもあります。また、社内でのコンペティションを定期的に実施して、自分を大きく成長させられた人が表彰される仕組みが整っている現場も少なくありません。このようなインセンティブがあることを有効に活用できるかどうかが外資系企業に転職して成長し、成功の道を歩み続けていけるかを分けるポイントです。